Skip to Content

守秘義務について

弁理士は、特に秘密保持契約等を結ばなくても、弁理士法により、守秘義務を負っています。
安心してご相談ください。

弁理士法

第三十条 弁理士又は弁理士であった者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。

第八十条 第十六条の五第一項、第三十条又は第七十七条の規定に違反した者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。